自動機って何するもの?2-4

自動機の価格としては、前途にありますように
弊社の平均的な価格帯500万円~3000万円と、
一般的な常識価格からは大きくかけ離れている
金額のやり取りがおこなわれます。

こんな額、なんで企業は払えるのか?
減価償却により、経費として計上出来るので
毎年、耐用年数に応じた割合で
一定金額を製造原価として組み込むことが出来るのです。

一般的な製造設備としての耐用年数は7~9年とされ、
これを毎年分割して経費計上すれば、経理上の
負担としては少なくなります。

また、昨今の行政が力を入れております
補助金により、設備導入をされるお客様が増えて
まいりました。
設備導入に、リースを使うお客様もおられて
自動化設備を導入し工場のFA化に踏み切るお客様が
増えております。

次回
自動化にしていくと、どんなメリットが・・
具体的に数字で説明します。


次ページ
自動化設備導入に対するメリット

       <<1 2 3 4 

                5 6 >>

なぜ企業はこんなお金が払えるのか?

京都の社長TV配信中!!

会社情報

秀峰自動機株式会社
〒611-0043
京都府宇治市伊勢田町
         中山62番11

TEL:0774-41-3205(代表)
FAX:0774-41-3206
MAIL:info@shuho-as.co.jp

ページの先頭へ