自動機って何するもの?2-3

ただ単に、価格を下げるだけなら、
売り側の企業として儲けがなくなり、
果ては存続すら危ぶまれる事態になります。

ならどうするか?これを読んで頂いている方々なら
もうお分かりだと思いますが
コストダウンをすることで、対価を下げても
企業として儲けがでる体質にすることですね。

コストダウンするにはどうするか?
薄利多売を狙って卸価格を下げる。
製品の構成部品を少なくし、部材費を下げる。
物流を簡素化し、製品コストの外的要因を減らす。
時間単位の生産量を上げて、製品単価を抑える。
など考えられますが、いずれの施策も
頭打ち傾向にあります。

その中で、時間単位の生産量を上げる対策として
「自動化」が挙げられます。
前途の様に自動化することで、人件費の削減
品質の安定化が見込めるので、製品のコストダウンと
供給量の安定化が図れると思います。

ただ、これは時間単位の生産量が多い場合、
すなわち、大量生産が出来る製品に限られます。
一般の、いわゆる「民生品」でありながらも、
大量生産するほどの需要が見込めない製品、
少量生産品、限定生産品に限っては、
時間単位の生産量を上げることは出来ません。

一般の、そう言った製品もそうですが、
我々が手がけております「自動機」も、
大量生産品ではありません。
「自動機」と言われる設備の中には、
お客様のニーズに合わせたオーダー製作を
行う設備が多く、大量に製作することが難しい為
必然的に価格が高くなります。

次ページ
自動機の価格と経費

       <<1 2 3 4 

                5 6 >>

コストダウンと言う企業努力

京都の社長TV配信中!!

会社情報

秀峰自動機株式会社
〒611-0043
京都府宇治市伊勢田町
         中山62番11

TEL:0774-41-3205(代表)
FAX:0774-41-3206
MAIL:info@shuho-as.co.jp

ページの先頭へ