ブログ

2014.12.01

近い未来に向けて

 お客様・取引様のご支援の基に、お陰を持ちまして、平成26年で創業27年目を迎えさせて頂く事が出来ました。
 私も42歳で創業させて頂いて、平成26年4月で満70歳と年齢を重ねました。
当初60歳~65歳で勇退を考えていましたが、幸か不幸か、それが叶えられず今も現役です。
最近ではお会いする方々に“若いですね、十歳は若く見えますよ!”と言われます。
 若さが顔に出ているとしたら、創業当時も今もずっと「ベンチャー精神」を忘れていない事ではないかと思います。
常にチャレンジとトライをベースに「無理だ」をタブーに頑張っている事がそうさせているのではないでしょうか?!
しかし年齢は有限です。このままではいけない事は百も承知しています。
私の「終活」として、今迄に培ってきた技量をベースに次の代に引き継げる「世に誇れるコアー技術の開発」に
全力を注がなければと思っています。
充実した経験と永い社長暦を足掛かりに、今度こそは本当に生み出さねばと心に誓っています。
3年をリミットと考えています。
創業30年を迎える時には「○○が得意な秀峰自動機㈱」と云われる会社を目指します。
 社業もリーマンショック以来4年連続の低迷で財政面ではズタズタですが、プラス思考で考えますと、
好調期に見えなかった事柄も低迷期を凌いだお陰で、ハッキリ見えています。この課題解決の対策を現在進行中です。
この対策が超越出来た暁には、「強固な黒字体質」の企業として甦る事が出来ると信じています。
 創業期も、今も、「自動機屋」は因果な商売だと思います。
難しいテーマも出来て当たり前の評価ですし、無人(省人化)装置も我社で創り出す時は、想像を絶する程人手を掛けます。
この体制脱却がこの事業の成長の鍵になると思います。
100%カスタムは面白いですが、商売には成りません。
イージーオーダー開発に矛先を変化させてこそ利益創造企業になれると思います。
そうする為には「自社商品」又は「世界に誇れるコアー技術」を創出する事に尽きると思います。
これが成された時には私の「終活」完了と思います。
皆様“頑張ります”お力をお貸しください!御願いいたします。

2008.07.04

創業以来15年

創業以来15年、お得意様のご要望に誠心誠意、(もてる英智を
120%発揮し)取り組んできましたが、 15年を経過した割には、当初
計画したビジョンの半分程度しか達成できていないように思います。
「なぜだろう・・・?」「どうしてだろう・・・?」「何がそう
させたのだろう・・・?」答えは多くあるでしょうが、現時点での
私の結論は、大きい要素として二点抽出してみました。

①コアー技術を未だに確立できていない!
創造することを前面に、お客様のご要望を広範囲に受け止め、幅広く
トライしてきました。その結果、得意分野を絞りきれず、”コアー”技
術の確立が未だに見つけられていません。したがって、
常に新しい物件に取り組み、リスクへのチャレンジの連続でした。
技術集団としては創造分野が多いことは楽しい次元ですが、企業経営
としては読みが難しいことばかりで、思い切った行動をとることが出来
ず、慎重の上にも慎重が要求されてしまいます。レパートリーの広さは
、お客様の獲得展開は有利ですが、深さが少ない分だけ、「主語」のな
い商品展開をせねばなりません。
いまからでも遅くはない”コアー”となる要素の確立に向けた行動を
精力的に進めて行こうと思います。 『PRの出来る商品開発』が今後の最大の課題です…

②自動機を造る自動機を開発できなかった!
とんでもない発想ですが、種々雑多なアイテムを追求したばっかりに、紺屋の白袴の如く、お客様向けの
自動機は数多く製作しましたが、自分たちの為の自動機は何一つありません。納品した商品は、今も
全自動(無人)で元気に活躍しています。しかし、我社に在る時は、想像を絶する位い人手を
掛けて、設計・組立・調整・デバックに 技術者が日夜、時間を問わず汗を流します。
これが自動化できていれば、もっと飛躍的に成長したであろうと思います。 しかたがないのかなーー。
しかし頑張って考えよう…   それを考えることが出来るのは我々だけかも知れないし…  
『多くのアイテムを同時に・短期間に』処理できるシステム構築が永遠のテーマ(夢)です…

2008.07.04

社名のルーツ

『秀峰自動機株式会社』の秀峰は ”しゅうほう”と読みます。

 『秀峰』のいわれは、「業務内容」は世の中に1台もない装置を創意工夫して生み出す開発製造メーカーです。
 その装置の基本構想を練ることから始まり、機械設計、電気制御ハード設計、電気制御ソフト設計、部品調
達、機械組立、電気配線、調整、ソフトデバック、等々総合的にあらゆる知識が必要な集団です。一現象を
処理する製造会社ではなく、異質な多分野の専門家(技術者)が必要になってくる複合企業体です。家を一軒
建てるに等しい工程が存在します。この工程を上手くいってあたりまえの民間企業ですから、スキルの高い
技術者の集団でなければ、スムーズに流れません。
 たまたま社長の名前が”栗山”です。その山を中心に、『秀』でた山が連なって『峰』を構成することが、世の中
に評価をされる『企業体』になるように命名いたしました。また秀峰自動機の「自動機」と言う語句は、一般の
方々には馴染が薄いでしょう。「自動」といえば、一般的には「自動車」でしょうし、次は「自動販売機」でしょう。
 しかし、我々の生み出す装置は一般の方々の目にはあまり止まらない製造工場の中で、人手に代わって、
高速で且つ正確に、日夜物作りを行っている自動化装置なのです。簡単にいえば、「オートメーション」の装置を
お客様独自の設備として、考えて、生み出しています・・・。そういった設備のことを「自動機」と言います。
 「優秀な技術集団で生み出す自動機メーカー」として世界に君臨できるように『秀峰自動機株式会社』と命名
いたしました。

  1 / 1  

京都の社長TV配信中!!

会社情報

秀峰自動機株式会社
〒611-0043
京都府宇治市伊勢田町
         中山62番11

TEL:0774-41-3205(代表)
FAX:0774-41-3206
MAIL:info@shuho-as.co.jp

カレンダー

«6月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ