ブログ

2008.07.04

創業以来15年

創業以来15年、お得意様のご要望に誠心誠意、(もてる英智を
120%発揮し)取り組んできましたが、 15年を経過した割には、当初
計画したビジョンの半分程度しか達成できていないように思います。
「なぜだろう・・・?」「どうしてだろう・・・?」「何がそう
させたのだろう・・・?」答えは多くあるでしょうが、現時点での
私の結論は、大きい要素として二点抽出してみました。

①コアー技術を未だに確立できていない!
創造することを前面に、お客様のご要望を広範囲に受け止め、幅広く
トライしてきました。その結果、得意分野を絞りきれず、”コアー”技
術の確立が未だに見つけられていません。したがって、
常に新しい物件に取り組み、リスクへのチャレンジの連続でした。
技術集団としては創造分野が多いことは楽しい次元ですが、企業経営
としては読みが難しいことばかりで、思い切った行動をとることが出来
ず、慎重の上にも慎重が要求されてしまいます。レパートリーの広さは
、お客様の獲得展開は有利ですが、深さが少ない分だけ、「主語」のな
い商品展開をせねばなりません。
いまからでも遅くはない”コアー”となる要素の確立に向けた行動を
精力的に進めて行こうと思います。 『PRの出来る商品開発』が今後の最大の課題です…

②自動機を造る自動機を開発できなかった!
とんでもない発想ですが、種々雑多なアイテムを追求したばっかりに、紺屋の白袴の如く、お客様向けの
自動機は数多く製作しましたが、自分たちの為の自動機は何一つありません。納品した商品は、今も
全自動(無人)で元気に活躍しています。しかし、我社に在る時は、想像を絶する位い人手を
掛けて、設計・組立・調整・デバックに 技術者が日夜、時間を問わず汗を流します。
これが自動化できていれば、もっと飛躍的に成長したであろうと思います。 しかたがないのかなーー。
しかし頑張って考えよう…   それを考えることが出来るのは我々だけかも知れないし…  
『多くのアイテムを同時に・短期間に』処理できるシステム構築が永遠のテーマ(夢)です…

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

京都の社長TV配信中!!

会社情報

秀峰自動機株式会社
〒611-0043
京都府宇治市伊勢田町
         中山62番11

TEL:0774-41-3205(代表)
FAX:0774-41-3206
MAIL:info@shuho-as.co.jp

カレンダー

«7月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

ページの先頭へ